メインイメージ

膝の痛みを解消して快適な生活

現在日本では高齢化が進んでおり、それとともにひざや、関節の痛みに悩む人が増えています。

膝が痛むと、毎日動くことが億劫になります。

階段の上り下りが辛い、お出かけしたいけど行けない、孫ともっと遊びたい。などといった関節や膝の痛みが原因となって躊躇してしまうことも、痛みが消えれば何のことなくできるようになります。

ひざが痛くなくなると、毎日が楽しくなります。大好きな渓流釣りで山へ出かけたり、仲間とゲートボールを楽しんだり、フォークダンスを習ってみたり。

当サイトは、ひざの痛みに悩む方が快適な毎日を過ごすために、役に立つ知識を紹介します。

何故ひざが痛くなるの?

ひざをはじめ、私たち人間にはたくさんの関節があります。関節の骨と骨の間には「軟骨」が存在し、クッションの役割をしてくれています。運動したときに衝撃を吸収したり、関節がなめらかに動くためのサポートをしてくれているのです。

この軟骨は年とともに徐々にすり減ってしまいます。そうなると、骨と骨の間の間隔が狭くなってしまい、直接骨がこすれ合い痛みが発生します。これが膝の痛みの原因である「変形性膝(しつ)関節症」です。

膝が痛くなる原因を見る

ひざ痛の種類

膝が痛くなる原因の多くが「変形性膝関節症」です。そのほかにも慢性関節リウマチや痛風などの病気が原因の場合もあります。

ひざの痛みを緩和する方法

膝の痛みを改善する方法を紹介します。今からでも遅くはありませんので 、積極的に生活に取り入れましょう。

日常生活を改善

日常生活の中で、膝の負担を極力減らすように心がけましょう。すぐに効果はありませんが、毎日の積み重ねが大切です。

・長時間の正座は避ける
長時間の正座は、膝に負担がかかりますのでどうしても正座する必要がある場合は、正座用の補助いすを使ったり、時々足を崩したりして負担をなるべく減らしましょう。

・なるべく洋式のトイレを利用する
和式トイレは、ずっと膝を曲げた状態なので、負担がかかり続けます。毎日何回もする行為ですので、膝への負担を減らすように洋式を利用しましょう。

・肥満を解消
体重が重ければ、それだけ膝にかかる負担が大きくなります。肥満であれば、減量しましょう。

・膝関節の保護や保温
血行が悪くなりますので、ひざをクーラーなどで冷やしすぎないようにしましょう。膝サポーターを利用すると、保護しながら、保温することができますので便利です。

・運動で筋肉を鍛える
膝を支えるふとももの筋肉をきたえることで、痛みを軽減する運動療法があります。激しい運動をするとかえって膝を悪くしかねませんので、注意しましょう。ひざを支える筋肉をきたえる方法を紹介します。

治療

ひざの関節にヒアルロン酸を注入したり、痛み止めの薬を服用して痛みを軽減できます。これらは、あくまで一時的なものであり、時間がたつと痛みが発生します。

痛みがひどい場合は、人工関節や、プレートをいれる手術をすることもできます。

サプリメントを利用

最近では、需要とともに膝の痛みを緩和するサプリメントが多く市場に出回っています。メーカーや成分は様々で、医薬品や医薬部外品などといった種類も豊富です。

サプリメントは食事では補いきれない成分を手軽に摂取することができますので、膝の痛みに悩む方の大きな味方になってくれるでしょう。

膝の痛みをなくすお手伝い
Copyright© 2010 ひざの痛み解決NAVI ~関節痛や、膝痛のない快適生活をサポート! All Rights Reserved.